StepMania 3.9のテーマを作成する~スクリプト編~

StepMania 3.9のテーマを作成するのスクリプト的な内容です。

この内容は誤記などの対応はしますが、サポートの対象外とします。

目次

共通事項

あらかじめ覚えておいて欲しい事です。

  • 『metrics.ini』などの拡張子が『ini』のファイルはメモ帳などで開けます。
  • メモ帳はキーボードの『Ctrl』キーを押しながら『F』キーを押すと文字列検索機能が使えます。
  • 座標系は横方向をX、縦方向をYとし、画面左上が『x=0 y=0』、画面右下が『x=640 y=480』となっています。また、ここで指定する値はその画像などの中心座標となりますのでご注意下さい。
    例として、大きさが120×100ピクセルの長方形画像を長方形の左上の頂点が画面左上となるように表示する場合、座標(0,0)を設定するのではなく、長方形の中心座標(60,50)を設定します。

ウィンドウタイトルの変更

StepManiaを起動した際にウィンドウの左上に表示されている文字列(デフォルトはStepManiaと表示)を変更します。

『metrics.ini』を開いて『WindowTitle=』を検索し、イコールの右側に表示したい文字列を改行せずに記述します。

デモンストレーション画面をオープニングムービー画面に変更

デモンストレーション画面を自分で用意したオープニングムービーなどを流す画面に変更します。

使用する動画については、640x480の大きさかつDivX・Xvidにてエンコードしたaviファイルを推奨します。 (今回の説明に用いる動画はこの仕様のaviファイルでファイル名を『movie.avi』、再生時間を1分30秒とします)

まずは『metrics.ini』を開いて『[ScreenCompany]』を検索します。

すると、次のような記述があります。

[ScreenCompany]
Class=ScreenAttract
Fallback=ScreenAttract
NextScreen=ScreenDemonstration

これを次のように変更します。

[ScreenCompany]
Class=ScreenAttract
Fallback=ScreenAttract
NextScreen=ScreenLogo

次に『BGAnimations』内の『ScreenLogo background』フォルダを開き、この中に再生する動画ファイルを入れます。

入れ終えたら、同じフォルダの中にある『BGAnimation.ini』を開きます。

すると、次のような記述があります。

[BGAnimation]

LengthSeconds=0

[Layer1]
File=../_black.png
Type=1

これを次のように変更します。

[BGAnimation]

LengthSeconds=90

[Layer1]
File=movie.avi
Type=0

『LengthSeconds』はこの画面を表示し続ける時間を秒で指定する命令です。今回は動画ファイルの再生時間をそのまま設定しています。

最後に、『Sounds』フォルダ内の『ScreenLogo music.ogg』に動画の音声を上書きする事でムービー画面が導入されます。

タイトル画面

『metrics.ini』を開いて『[ScreenTitleMenu]』を検索し、そこから目的の場所まで下へ読んでいきます。

メニューの表示位置を変更

次の箇所を変更します。

ChoicesX=○
ChoicesStartY=○
ChoicesSpacingY=○

ChoicesXとChoicesStartYはメニュー表示位置のXY座標、ChoicesSpacingYはメニューとメニューの間隔になります。

また、次の箇所に0・1・2のいずれかを入力することで、メニューの文字列をそれぞれ左寄せ・中央寄せ・右寄せに変更できます。

MenuTextAlign=○

メニューの文字サイズを変更

次の箇所を変更します。

ZoomNotSelected=○
ZoomSelected=○

ZoomNotSelectedは選択していないメニュー、ZoomSelectedは選択しているメニューの文字サイズになります。

画面の待機時間を変更

一定時間何も操作しない状態で放置した場合に画面が切り替わるまでの時間にあたり、次の箇所を変更します。

SecondsBeforeAttract=○

プレイスタイル選択画面

『metrics.ini』を開いて『[ScreenSelectStyle]』を検索し、そこから目的の場所まで下へ読んでいきます。

アイコンの表示位置を変更

次の箇所を変更します。

Icon□X=○
Icon□Y=○

□は1~5の数値でアイコンの種類を表し、それぞれ『SINGLE』・『SOLO』・『DOUBLE』・『COUPLE』・『VERSUS』となります。

スタイル説明画像の表示位置を変更

下記の○に中心座標を記述します。

InfoX=○
InfoY=○

リザルト画面の背景をプレイした譜面の背景に変更

リザルト画面の背景をプレイした譜面の背景に変更する手順を説明します。

『BGAnimations』内の『ScreenEvaluationStage background』フォルダにある『BGAnimation.ini』を開き、内容を次のように記述します。

[BGAnimation]

[Layer1]
File=songbackground
Type=0
Command=zoomtowidth,640;zoomtoheight,480

エディット画面の背景を編集している譜面の背景に変更

エディット画面の背景を編集している譜面の背景に変更する手順を説明します。

『BGAnimations』内の『ScreenEdit background』フォルダにある『BGAnimation.ini』を開き、内容を次のように記述します。

[BGAnimation]

[Layer1]
File=songbackground
Type=0
Command=zoomtowidth,640;zoomtoheight,480