rel=nofollowの扱いを変更。rel=sponsoredとrel=ugcを新規導入。Googleが発表。

Googleがrel=“nofollow”の扱いを変更する事を発表した。

同時にrel=“sponsored”、rel=“ugc”という新しい属性の導入も発表された。

rel=“nofollow”は評価の対象にしない事を保証しない

rel=“nofollow”はこの属性が付与されたリンクを検索エンジンの評価の対象としないというものである。

PageRankを渡す必要がない、検索結果に表示させる必要がないページ(会員制のサイトのログインページなど)へのリンクに使う。

このnofollow属性について、これまでは付与されたリンクは検索エンジンによって評価されないという形であった。

これが今後は原則として検索エンジンの評価の対象にならないが、評価する場合もあるという形に変わった。

つまり、リンクの作成者の評価しないでほしいという意思がそのままGoogle側に伝わっていた状況がGoogleの判断で評価する場合がありえるという事である。

なお、どういった状況で評価する場合があるのかはGoogle次第になるため不明である。

ただ原則として評価しないため、あまり気にしすぎない方が良いだろう。

rel=“sponsored”について

rel=“sponsored”は広告系のリンクに使う。

スポンサー広告やアフィリエイトリンクなどが対象と言える。

この属性が付与された場合、原則としてGoogleの評価の対象にならない。

rel=“ugc”について

rel=“ugc”はユーザーが作成したコンテンツに使う。

ブログのコメント、ユーザーがコンテンツを作成できる会員制のサイトなどが対象と言える。

この属性も付与された場合は原則としてGoogleの評価の対象にならない。

今回の件に関する疑問について

公式の方に記載されているため、詳細はそちらにて。

参考までに、公式に掲載されていたQ&AをGoogle翻訳で訳したものを載せておく。

既存のnofollowを変更する必要がありますか?
いいえ。スポンサーリンクをブロックする方法として、またはリンク先のページを保証しないことを示す方法として、現在nofollowを使用している場合、引き続きサポートされます。 既にお持ちのnofollowリンクを変更する必要はまったくありません。
リンクで複数のrel値を使用できますか?
はい、リンクで複数のrel値を使用できます。 たとえば、rel = "ugc Sponsored"は完全に有効な属性であり、リンクがユーザー生成コンテンツからのものであり、スポンサーであることを示唆しています。 新しい属性をサポートしていないサービスとの後方互換性が必要な場合は、rel = "nofollow ugc"などの新しい属性でnofollowを使用することも有効です。
広告またはスポンサーリンクにnofollowを使用する場合、それらを変更する必要がありますか?
いいえ。リンクスキームのペナルティを回避するために、このようなリンクにフラグを付ける方法としてnofollowを使用し続けることができます。 既存のマークアップを変更する必要はありません。 これを新しいリンクに追加するシステムがある場合は、引き続き追加できます。 ただし、都合がよい場合は、rel =” sponsored”に切り替えることをお勧めします。
広告またはスポンサーリンクにフラグを立てる必要はありますか?
はい。 可能なリンクスキームアクションを回避する場合は、rel =“ sponsored”またはrel =“ nofollow”を使用してこれらのリンクにフラグを立てます。 「スポンサー」を使用することをお勧めしますが、どちらの方法でも問題はなく、この目的のために同じように扱われます。
リンクで間違った属性を使用するとどうなりますか?
スポンサーリンクの場合を除き、間違った属性はありません。 UGCリンクまたは広告以外のリンクに「スポンサー付き」のフラグを立てると、そのヒントが表示されますが、影響があったとしても、せいぜいリンクを別のクレジットとしてカウントしない可能性があります ページ。 この点で、すでにnofollowとしてマークされている多くのUGCおよび非広告リンクの現状と変わりはありません。 これは逆の問題です。 明らかに広告またはスポンサーであるリンクは、上記のように「スポンサー」または「nofollow」を使用する必要があります。 「スポンサー」を使用することをお勧めしますが、「nofollow」を使用することもできます。
これらの新しい属性を使用する必要があるのはなぜですか?
新しい属性を使用すると、Webの分析のためにリンクをより適切に処理できます。 あなたにリンクする人がこれらの属性を利用する場合、それはあなた自身のコンテンツを含むことができます。
「ヒント」アプローチに変更しても、コメントやUGCコンテンツにリンクスパムが含まれることはありませんか?
サードパーティがコンテンツに貢献できる多くのサイトは、多くのブログプラットフォームや人間によるレビューに統合できるモデレーションツールなど、さまざまな方法でリンクスパムを既に抑止しています。 「ugc」と「nofollow」のリンク属性は、引き続き抑止力になります。 ほとんどの場合、ヒントモデルに移行しても、このようなリンクの扱い方は変わりません。 通常は、以前にnofollowを使用した場合と同様に扱い、ランク付けの目的では考慮しません。 これまでと同じように、また属性が提供されていない状況で行う必要があるように、引き続き検索内でのリンクの使用方法を慎重に評価し続けます。
これらの属性と変更はいつ有効になりますか?
スポンサー付き、ugc、およびnofollowのすべてのリンク属性は、ランキングの目的で組み込むためのヒントとして今日機能します。 クロールとインデックス作成の目的で、nofollowは2020年3月1日からヒントになります。ページのインデックス登録をブロックするためだけにnofollowに依存する場合(推奨されません)は、「学習方法」にリストされているより堅牢なメカニズムの1つを使用する必要があります GoogleヘルプページからURLをブロックします。

最後に、これはGoogleにおける話であり、BingやBaidu(百度)といった他の検索エンジンには適用されない点に留意してほしい。