忍者ホームページの広告用CSSがheaderタグの中にも挿入される

忍者ツールズが提供する忍者ホームページというサービスがある。

このサービスはWebページを公開するための環境を提供しており、私もこのサービスの無料版を利用して公開しているサイトがある。

そのサイトはhtmlファイルの先頭に記述するドキュメントタイプがHTML5の宣言になっているだけで、実質HTML4.01の仕様に基づくサイトである。

つまり、sectionタグのようにHTML5から追加されたタグでマークアップしていなかった。

このサイトをHTML5から追加されたタグでマークアップし直し、サーバー上にアップロードして確認作業をしていたところ、headerタグの中に忍者ホームページの広告用CSSが挿入されている事に気づいた。

具体的には次のような状態である。

<html>
<head>
(広告用CSSのlinkタグ)</head>
<body>
<header>
(広告用CSSのlinkタグ)</header>
</body>
</html>

上記のように、本来はheadタグ内だけに挿入される広告用のCSSがheaderタグ内にも挿入されている。

原因は予想がついており、忍者ツールズ側で広告用のCSSを挿入する位置の条件指定があまい事だと思われる。

恐らく、『</head』という文字列の前に挿入するという条件になっているため、headerタグの『</head』にも当てはまってしまったのだろう。

この場合、条件指定を『</head>』のように修正してもらえれば解決できる。

実際はどうなのか分からないが、どのみち私にはどうにもできないので、忍者ツールズのサポートにメールを送った。

早期に解決する事を祈っておく。

忍者ホームページの広告用CSSがheaderタグの中には挿入されないようになった』に書いた通り、無事に解決しました。