CLOSERS 攻略ガイド Gタワー屋上

CLOSERS(クローザーズ)の4番目のエリアとなるGタワー屋上について、攻略の要点をまとめた。

ゲームの仕様は日本サービスの2017年04月02日時点の仕様に基づく。

攻略

まずは2次昇級のクエストを達成し、新しいスキルを取得可能にする。

昇級時にコアが支給されるので、ワンドかウィップ(ティナはツインもあり)を選択する。

昇級後はシナリオクエストをメインに進めていく。

シナリオ中盤で『ドラゴンキラー』・『ストリームカッター』・『コメットハンマー』・『デスサイズ』の4択がある。

使用キャラクターがティナ以外の場合はオプション効果が強力な『デスサイズ』を選択するが、使用キャラクターがティナの場合と攻撃速度を重視する場合は『ドラゴンキラー』を選択する。

攻撃速度の差については、報酬選択前にドロップ品などのツインとサイスをそれぞれ装備し、実戦で比較すると良い。

シナリオ終盤に『回転動力機』・『N3起爆装置』・『ソウルシリンダー』の選択報酬が2回ある。

これは使用キャラクターのタイプに合わせて次のように選択する。

  • 物理タイプは2回とも『回転動力機』。
  • 位相タイプは2回とも『N3起爆装置』。
  • ハイブリッドタイプは『回転動力機』・『N3起爆装置』。

ハイブリッドタイプでソウルシリンダーを選ばないのは、回転動力機とN3起爆装置を1個ずつ装備した方がオプション効果による能力の上昇値が高いためである。

同じくシナリオ終盤で2セットシールドの選択報酬が2回があるが、これは使用キャラクターのタイプに合わせて次のように選択すれば良い。

  • 物理タイプは『鎖のネックレス』・『魂のネックレス』。
  • 位相タイプは『気勢のネックレス』・『結晶のネックレス』。
  • ハイブリッドタイプは『ピンクのネックレス』・『火花のネックレス』。

シナリオ終盤かつキャラクターのレベルが52以上になる事で訓練プログラムのクエストが発生するので、達成して『訓練プログラム入館証』を入手する。

これは訓練プログラムでドロップするバグを使って『訓練プログラム修了証』にアップグレードできるので、製作しておく。

装備

クエスト達成の報酬とドロップした装備を使う。

コアは2次昇級時に支給される正式のワンドまたはウィップ(ティナはツインもあり)を使うと良い。

その後は『デスサイズ』または『ドラゴンキラー』に交換する。

モジュールはキャラクターのタイプに合わせ、攻撃力が高いものやオプション効果が良いものを装備する。

『回転動力機』・『N3起爆装置』の入手後、物理・位相タイプのキャラクターはすぐに装備する。

ハイブリッドタイプはステータスバランスを考慮し、両方のモジュールを入手後に装備する。

シールドは見習セットシールドと『正式ぬいぐるみ』は必ず装備する。

残りの2枠は『訓練プログラム修了リング』・『訓練プログラム修了アミュレット』か『噂の敏腕クローザー』セットシールド(4セット)から『トーンリング』・『チェーンネックレス』を装備する。

『訓練プログラム修了証』が製作できたら『正式ぬいぐるみ』と入れ替えるが、スキルクールタイムを優先したい場合は変更しなくても良い。

以上を踏まえ、最終的には次のような装備構成を目指すと良い。

コア
デスサイズ。
ドラゴンキラー。
モジュール
物理タイプは回転動力機を2個・適当な物理系モジュール。
位相タイプはN3起爆装置を2個・適当な位相系モジュール。
ハイブリッドタイプは次元圧チューブ・回転動力機・N3起爆装置。
シールド
見習リング・見習ネックレス・見習マスコット・『訓練プログラム修了証』または『正式ぬいぐるみ』は共通装備。
訓練プログラム修了リング・訓練プログラム修了アミュレット。
トーンリング・チェーンネックレス。

なお、上記の装備は長く使うため、強化しておく事を推奨する。

強化値の目安は、コアが5~10、モジュール・シールドが5~7。

スキル

アクティブスキルを中心にレベルを上げる。

訓練生・見習のスキルはマスターキューブの取得レベル、正式のスキルは空中発動が可能となるエキスパートキューブの取得レベルを目指す。

位相力解放は使用キャラクターがレヴィアであれば10、その他のキャラクターはプレイスタイルと要相談。

強制キャンセルは10を推奨するが、使用頻度が低い場合は1で良い。

スキルポイントが余った場合はパッシブスキルのレベルを上げる。

オススメは『攻撃力修練』と『クリティカル一撃』。

ペット

『アンドラスのアンカー』が入手できるが、私立翔凰学園までで入手できる他のペットが優秀なため、必ずしも入手する必要はない。

Comment

0 Comments.

コメントを残す