サイトの閲覧環境を2013年11月から変更

当サイトの閲覧環境について、2013年11月01日から次のように変更しました。(文中の『IE』はブラウザ『Internet Explorer』の略称であり、『IE8』と表記した場合は『Internet Explorer 8』の事を指す)

OSを問わずIE9未満での閲覧は非対応

OSを問わずIE9未満での閲覧は非対応とします。

機能やセキュリティ面に問題があるためIE8未満は元々非対応でしたが、IE8も含む形に変更します。(これはIE8がインストールされた環境で使用するSleipnir、Lunascape等のTrident系レンダリングエンジンを利用したブラウザも含みます)

理由としては次の点が挙げられます。

  • IE8を利用する環境を考えた時、Windows Vista以降はIE9以上を利用できる事からほぼWindows XPに限定され、そのXPは日本時間の2014年04月09日を以って公式のサポートが終了する。
  • 当サイトのアクセス解析より2013年01月から現在までの間に当サイトを閲覧された方の中で、OSを問わずIE8を利用している方の割合は約6%(XPユーザのみは約5%)となっており、前年が約19%(同約15%)だった事を踏まえると大幅に減少している。

以上の点を踏まえ、IE8をサポートするために割いていた時間をコンテンツの充実に活用する方が有意義であると考え、今回の決定となりました。

OSを問わずIE9での閲覧は非推奨(但しIE9の64bit版は非対応)

OSを問わずIE9での閲覧は非推奨とします。(これはIE9がインストールされた環境で使用するSleipnir、Lunascape等のTrident系レンダリングエンジンを利用したブラウザも含みます)

ただし、IE9の64bit版(このビット数はIE9自体でOS自体ではありません)は非対応とします。

ややこしいですが、例えばWindows 7の64bit版でIE9の32bit版を使うのは非推奨扱いという事です。

本題に入りまして、現在サイトのデザインを実現する上でIE9が対応していない部分は代わりのデザインで置き換えるようにしています。

ですが、制作者としては出来るだけ本来の表示で閲覧してほしいという願いがあります。

また、現在はデザインだけに影響する形ですが、今後IE9では実現できない機能やコンテンツを盛り込む可能性があるため、その土台を作っておくという側面もあります。

ですから、現在の閲覧自体に支障はないですが、将来的な部分も含めて出来ればやめてほしいという意味で非推奨としました。

Windows版Safariでの閲覧は非対応

Windows版Safariでの閲覧は非対応とします。

理由としては次の点が挙げられます。

  • Safariの開発元であるアップルはMac向けにはSafari-6をリリースしているが、Windows向けはSafari-5(5.1.7)が最終となっていて、公式発表はないが事実上の開発終了と思われるため。
  • 独立行政法人の情報処理推進機構からSafariにおいてリモートからローカルファイルを読み取り可能な脆弱性という文章が公開されており、この文中の対策方法に使用停止と書かれている。

以上の点からWindows版Safariはサポートしない形になります。

対処方法

上記変更を踏まえ、当サイトを利用して頂いている皆さんには次のような対策をお願いします。

Windows 7以前でIE9未満またはWindows環境でSafariを使用して閲覧している場合。
『Firefox』、『Google Chrome』等のブラウザを使って下さい。
Windows 7でIE10未満を使用して閲覧している場合。
IE10にバージョンアップするか他のブラウザを使って下さい。

Sleipnir、Lunascape等のレンダリングエンジンが複数使えるブラウザはレンダリングエンジンをGecko、WebKitに切り替える事で対策できる場合があります。

また、理由があってIE10未満を利用しなければならない方は、『Google Chrome Frame』というIEの機能不足を補うプラグインを使用する事で対策できる場合があります。(当サイトはこのプラグインに対応しています)

以上です。

よろしくお願いします。